多点筋電計測システム OT Bioelettronica


計384チャンネルの電極を装備した多点筋電計測システム

  • 表面筋電位をこれまでにない形で計測することができます。
  • 筋内の活動の部位差の測定や、活動変異の伝播速度の計測が可能。

Quattrocento

多チャンネルAD変換システム(デュアルパワー・USB/バッテリー)

Quattrocento 32+64 96ch (16ch x2 + 64ch x1)          ¥4,937,000-(税抜)

 

Quattrocento 64+128 192ch (16ch x4 + 64ch x2)     ¥7,713,000-(税抜)

 

Quattrocento 96+192 288ch (16ch x6 + 64ch x3)      ¥10,491,000-(税抜)

                                             

Quattrocento 128+256 384ch (16ch x8 + 64ch x4)    ¥11,417,000-(税抜)                                     

 

【オプション】

64ch電極セット FOT-ESET64A ¥373,300-(税抜)

16ch電極セット FOT-ESET16A ¥193,500-(税抜) 

【構成】接続アダプタ×1、電極×5、粘着フォーム(10個入)×10、導電クリーム×1

多点マトリクス電極

多点マトリクス電極


ワイヤレスシステム

 

Sessanta-quattro+

64ch ワイヤレスモジュール(Wi-Fi)(接続アダプタ含む)    ¥2,805,000-(税抜)

 

【オプション】

Sessanta-quattro+用 64ch電極セット FOT-ESET64SM+A    ¥93,200-(税抜)

【構成】電極×5、粘着フォーム(10個入)×10、導電クリーム×1

 

MuoviPro 32chワイヤレスEMGシステム (Wi-Fi)

 

 

Muovi Lite       32ch ワイヤレスEMG x1 + 充電器           ¥1,327,000-(税抜)

 

MuoviPro 32    32ch ワイヤレスEMG x1 + 同期ステーション   ¥1,852,000-(税抜)

 

MuoviPro 64    32ch ワイヤレスEMG x2 + 同期ステーション   ¥3,086,000-(税抜)

 

MuoviPro 96    32ch ワイヤレスEMG x3 + 同期ステーション   ¥4,320,000-(税抜)

 

MuoviPro 128    32ch ワイヤレスEMG x4 + 同期ステーション   ¥4,937,000-(税抜)

 

電極セットに関してはお問合せください


Muovi+Pro 64chワイヤレスEMGシステム (Wi-Fi)                                      

 

 

Muovi+Lite         64ch ワイヤレスEMG x1 + 充電器           ¥2,561,000-(税抜)

 

Muovi+Pro 64     64ch ワイヤレスEMG x1 + 同期ステーション   ¥3,240,000-(税抜)

 

Muovi+Pro 128   64ch ワイヤレスEMG x2 + 同期ステーション   ¥5,554,000-(税抜)

 

【オプション】

64ch Muovi+Pro用 電極セット   FOT-ESET64SM+A                        ¥93,200(税抜)

 【構成】電極×5、粘着フォーム(10個入)×10、導電クリーム×1

 


ワイヤレスダイナモメーター nod

nod ワイヤレスダイナモメーター (Bluetooth)  ¥327,000 (税抜)

 

専用のandroidアプリを使用してワイヤレス計測ができます。付属のアタッチメントを付け替えることでアルゴメーターとしての使用も可能です。

 

サイズ: 79 x 194 x 17 mm     サンプリングレート: 100Hz

重量: 300 g                             測定範囲: 50 kg以下


※上記製品は基礎医学研究用機器のため、臨床用途には使用できません。


OT Biolab 多点筋電計測システム ソフトウェア 計測&データ処理ソフトウェア

・MatLab、LabView、Pythonによる処理が可能

・ネットワークを介して複数のPC、タブレット、スマートフォンやWifiによるデータ共有

・計測のための各種設定やプロトコルの保存と再利用、バイオフィードバックの設定等

・各種プラグイン完備、信号の振幅、周波数情報抽出やフィルタリングと包絡線抽出と筋の神経支配帯(IZ)の自動推定と計測データRMSマップ表示、EMG伝搬速度の評価


ダウンロード
P35 Obio.pdf
PDFファイル 1.0 MB
ダウンロード
P36 Obio.pdf
PDFファイル 825.8 KB

ダウンロード
アクセサリ一覧
OTBio アクセサリ一覧.pdf
PDFファイル 496.8 KB